独議会、「連帯税」の大幅縮小を承認

ドイツ連邦議会(下院)は14日、旧東独地域の開発支援のため、東西統一後に導入された「連帯税」を2021年から大幅に縮小する案を可決した。これにより、年に約110億ユーロの減税となる。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。 この減税策では、2021年から納税者の90%を対象に連帯税が廃…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テスラ、取締役会が独工場用地の購入を決定(01/21)

RWE、2030年までに6千人整理へ(01/21)

生産者物価、12月は0.2%低下(01/21)

リビア和平会議、関係国が介入停止宣言(01/21)

サカタインクス、印刷用インクのルコ買収へ(01/21)

ドイツ、「世界で最も革新的な国」に(01/21)

プラスチックのリサイクル率、仏で低迷(01/21)

除草剤巡る訴訟が決着か バイエル、近く和解=7.5万件超(01/20)

VW、EV電池の中国社の株式20%取得も(01/20)

自動車業界、EVシフト巡る雇用支援を要請(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン