ナショナル・グリッド、上半期は23%減益

英送電大手ナショナル・グリッドは14日、2019年9月中間期の税引き前利益が4億400万ポンドとなり、前年同期比23%減少したと発表した。国内の送電事業が好調で全体をけん引したが、米国事業などが不振だった。また新たな目標として、英政府と足並みをそろえ、2050年までの地球温暖…

関連国・地域: 英国米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第299回:グレッグス ビーガン商品が爆発的ヒット(02/19)

金融HSBC、3.5万人整理 不振の投資銀事業を縮小へ(02/19)

英政府、3月11日に予算案発表=延期なし(02/19)

離脱交渉官「独自の法制定権限は譲らない」(02/19)

失業率、12月は横ばいの3.8%=4カ月連続(02/19)

資源BHP、低炭素経済への移行に注力(02/19)

英領北ア、過半数がアイルランド統一に反対(02/19)

英国―エジプト保養地便が4年半ぶり再開(02/19)

英首相官邸顧問、人種差別発言巡り辞任(02/19)

資産運用ジュピター、同業メリアンを買収(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン