ナショナル・グリッド、上半期は23%減益

英送電大手ナショナル・グリッドは14日、2019年9月中間期の税引き前利益が4億400万ポンドとなり、前年同期比23%減少したと発表した。国内の送電事業が好調で全体をけん引したが、米国事業などが不振だった。また新たな目標として、英政府と足並みをそろえ、2050年までの地球温暖…

関連国・地域: 英国米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

加盟国の足並みの乱れ鮮明に NATOの70周年記念首脳会議(12/05)

保守党、地方交通に42億ポンドの投資を公約(12/05)

ストック・スピリッツ、酒税増税で値上げへ(12/05)

英首相「デジタル税導入する」=米と衝突も(12/05)

リオ、南ア子会社の採掘停止=暴動激化で(12/05)

コネクテッド・カーブ、英でEVの無線充電(12/05)

JDスポーツ、タイの商業施設に4号店(12/05)

「第3の性」旅券記載巡り英控訴院が判断へ(12/05)

ロンドンでNATO首脳会議 団結目指すも足並みに乱れ(12/04)

衛星放送スカイ、エルスツリーに巨大撮影所(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン