仏などの次期欧州委員候補、第一関門を通過

フォンデアライエン次期欧州委員長率いる新体制を巡り、欧州議会の法務委員会は12日、フランスとハンガリー、ルーマニアが新たに選出した次期欧州委員候補者を承認した。いずれも経済的な利害関係に問題はないと判断されたが、フランスのティエリー・ブルトン候補は賛成12票、反対…

関連国・地域: フランスEUハンガリールーマニア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ラガルド新体制のECBの進路 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第17回(12/06)

チェコ検察、首相の補助金不正巡り再捜査(12/06)

英首相、100日以内の離脱公約 減税やNHS投資含む予算も策定(12/06)

ユーロ圏GDP、第3四半期は0.2%拡大(12/06)

欧州委員長、EU予算削減案を一蹴(12/06)

加盟国の足並みの乱れ鮮明に NATOの70周年記念首脳会議(12/05)

欧州投資銀、アムスの高速道路改修に投資(12/05)

11月は横ばいでなお低水準 ユーロ圏総合PMI確定値(12/05)

蘭、EU競争法改正で中国企業の規制を要求(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン