• 印刷する

労働党、NHS予算拡大も 保守党上回る公約掲げる

英最大野党・労働党は13日、12月12日の下院(定数650)選挙で勝てば、イングランドの国民医療制度(NHS)の病院運営資金の年間予算を2023年度までに実質260億ポンド拡大する方針を打ち出した。病院の待ち時間の短縮やメンタルヘルス・サービスの向上などに充てる方針で、与党・保守党が約束した予算拡大幅を上回っていると強調。NHSの改善が選挙の大きな争点となっている。

労働党は、イングランドのNHS病院の運営資金予算を今年度の約1,210億ポンドから、2023年度までに1,549億ポンドに引き上げる方針。これは、実質260億ポンドの予算拡大となり、保守党のメイ前首相が約束した実質200億ポンドを上回る。労働党は予算拡大分のうち、16億ポンドをメンタルヘルス・サービスの向上に充てるとしている。

同党は加えて、議会の任期である向こう5年に、NHSの設備投資予算を150億ポンド拡大する方針。また、看護師訓練の奨学金として10億ポンドを上乗せするほか、麻薬・アルコール中毒治療や肥満対策などの公衆衛生予算を10億ポンド増やすとしている。

労働党のマクドネル影の財務相は、政府による法人減税の撤回と富裕層への増税により資金を確保するとしている。アシュワース影の保健相は、「保守党政権下での10年にわたる投資不足と支出削減により、NHSは年間を通じて危機状態に陥っている」と指摘。「NHS救済の案を持つのは労働党だけ」と強調している。

なお、イングランド北部および中部で先に発生した豪雨による洪水の大規模被害を受け、政府の洪水対策を野党各党が批判している。自由民主党が堤防の増強に向け50億ポンドの追加資金拠出を公約として掲げたほか、労働党も「洪水対策や緊急対応策への資金確保を優先する」としている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

イングランドの封鎖解除へ 地域別の段階的な規制を再導入(11/24)

英・カナダ、来年以降も貿易条件継続で合意(11/24)

アストラゼネカのワクチン、70%の有効性(11/24)

ロードサービスのAA、買収提案に前向き(11/24)

英保険アビバ、伊合弁の全保有株を売却へ(11/24)

独電力RWE、英風力発電施設の権益売却(11/24)

11月は分岐点割れ ユーロ圏PMI速報値(11/24)

金融HSBC、フィリピンで2支店閉鎖へ(11/24)

財政収支、赤字が10月として過去最大に(11/23)

GfK消費者信頼感、11月は悪化(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン