ジンバブエ、新祝日「反制裁デー」記念行事

ジンバブエ政府は、10月25日を欧米の経済制裁に抗議する国民の祝日と定め、さまざまな記念行事を執り行った。制裁が経済危機の原因と訴え、国を挙げて制裁解除を求める狙いだが、財政がひっ迫する中でこうした行事に国費を投じる意味を疑問視する声もある。アフリカニュースなどが…

関連国・地域: EUアフリカ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、フォルテノバのメルカトル買収承認(09/23)

EUの対ベラルーシ制裁、キプロスが拒否(09/23)

【東欧フラッシュ】東欧人と働く:人材の職能と可能性(09/22)

トルコ、地中海から探査船を引き揚げ(09/22)

欧州、新型コロナ感染者の急増傾向なお続く(09/22)

欧州中銀、緊急購入プログラムを見直しへ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン