• 印刷する

Ifo企業景況感、10月は横ばい

Ifo経済研究所は25日、10月のドイツの企業景況感指数(2015年=100、季節調整済み)が94.6ポイントになったと発表した。前月から横ばいで、市場予想をわずかに上回った。

Ifoは毎月、国内の約9,000社を対象にアンケート調査を実施。現在の景気に対する見方を示す「現況指数」と半年後の見通しを示す「期待指数」を元に景況感指数(総合指数)をまとめている。10月は現況指数が97.8ポイントと9月から0.8ポイント低下。期待指数は前月から0.6ポイント上がって、91.5ポイントとなった。

総合指数を業種別に見ると、製造業は現況指数がやや落ち込んだものの、期待指数が大幅に改善し、全体では0.9ポイント上昇しマイナス5.5ポイントとなった。

サービス業は期待指数が上向いた半面、現況指数がわずかに下落し、全体では0.1ポイント下げている。商業は現況指数が低下したものの、卸売りの期待指数が大きく伸び、全体では0.4ポイント上昇した。建設業は0.8ポイント下落。現況指数は好調を維持しているものの、前月から勢いは鈍化した。期待指数はやや落ち込んでいる。

Ifoのクレメンス・フュースト所長は今回の結果について、現況指数は前月をわずかに下回ったが、期待指数はやや改善しており、ドイツ経済は安定に向かっているとの見解を示した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独自動車VW、スロバキア工場閉鎖を再延長(04/03)

ドイツ、接触制限措置を19日まで延長(04/03)

独の検査数が1日5万件=死者数抑制に貢献(04/03)

独政府、感染者追跡で携帯アプリの使用検討(04/03)

独政府、コンドル航空の国営化準備か(04/03)

ルフトハンザ、時短勤務巡り労組と合意(04/03)

ドイツ銀、幹部の今年のボーナスをカットも(04/03)

欧州主要国GDP、20ポイント前後低下も(04/03)

トゥーシンプルとZF、自動運転車で提携(04/03)

ドイツの時短勤務賃金補償、47万社が申請(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン