独企業で最も高給取りはドイツ銀会長

ドイツの大手企業で最も高給取りなのは、金融最大手ドイツ銀行のパウル・アッハライトナー会長――。ドイツ株主保護協会(DSW)の調査でこうした事実が明らかになった。ロイター通信が8日伝えた。 それによると、同会長の2018年の年俸は前年比7.3%増の約86万ユーロ。高級車大…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

三菱自とデンソー、独当局が排ガス不正捜査(01/23)

独仏政府、途上国の気候変動対策支援に参画(01/23)

ダイムラー、通期利益半減も(01/23)

カウフランド、豪から撤退=欧州市場に注力(01/23)

アディダス、再生ポリエステルが5割超に(01/23)

電力EWE、アルディアンが5億ユーロ出資(01/23)

アウディ、クロモドラと10年間の戦略提携(01/23)

ZEW景気期待指数、1月も大幅上昇(01/22)

ティッセン、昇降機部門の売却先を絞り込み(01/22)

ポーランド航空、独コンドル航空買収に意欲(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン