独西部で猛毒コブラを捕獲、脱走から5日後

独西部ヘルネ(Herne)で1週間近くにわたって脱走していた猛毒を持つコブラが8月30日、捕獲された。かまれれば死に至る恐れもあるとして、地元住民は窓を閉めるなどの対策を講じていた。地元当局の発表を元に、AFP通信が伝えた。 それによると、コブラは住宅ビルの地下へと続…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エーオンが欧州委の承認獲得 イノジーの資産取得、条件付きで(09/18)

ZEW景気期待指数、9月は大幅に上昇(09/18)

フレゼニウス、輸血事業の売却取りやめ(09/18)

米アマゾン、ドイツで500人の雇用創出(09/18)

BMW、ミュンヘン市とモビリティーで提携(09/18)

VW、韓国電池3社がEVバッテリー供給(09/18)

ダイムラー、印をBS6対応車の輸出拠点に(09/18)

コネ、ティッセン昇降機部門との合併に意欲(09/17)

独政府、気候変動対策発表へ 2030年までに400億ユーロ超拠出(09/17)

A・シュプリンガー、人員整理を検討(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン