• 印刷する

消費者信頼感、9月は過去2年超で最低維持

市場調査会社GfKは28日、ドイツの9月の消費者信頼感指数が9.7ポイント(予測値)となったと発表した。前月から横ばいで、2017年4月以降で最低にとどまっている。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の二つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

8月の詳報を見ると、「景気見通し」は8.3ポイント悪化し、マイナス12ポイントだった。「収入の見込み」は50.1ポイントと、前月から0.7ポイント下がっている。半面、「購買意欲」は48.8ポイントと、2.5ポイント改善した。

GfKは今回の結果について、かねて言及しているドイツ経済の重要な柱である内需が、消費者信頼感の悪化傾向を食い止めつつあると説明。ただ、将来的に労働市場が不安定化し、失業率拡大の懸念が生じる場合、経済は再び著しく停滞するだろうと予想している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米独社製のワクチン、日本に追加供給で合意(05/18)

与党CDU・CSU、支持率25%で首位維持(05/18)

VWと米新興企業、全固体電池の試験生産へ(05/18)

ボッシュ、インド西部工場の操業一時停止(05/18)

VWの新型アマロック、豪で販促強化へ(05/18)

独で感染者数が基準下回る 一部地域で規制緩和に道筋(05/17)

独DKV、給油所スマートディーゼル買収へ(05/17)

独、1日当たりワクチン接種回数が過去最多(05/17)

ドイツで偽のワクチン証明書の販売が増加(05/17)

VW、東部ザクセン州の子会社を統合(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン