• 印刷する

消費者信頼感、9月は過去2年超で最低維持

市場調査会社GfKは28日、ドイツの9月の消費者信頼感指数が9.7ポイント(予測値)となったと発表した。前月から横ばいで、2017年4月以降で最低にとどまっている。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の二つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

8月の詳報を見ると、「景気見通し」は8.3ポイント悪化し、マイナス12ポイントだった。「収入の見込み」は50.1ポイントと、前月から0.7ポイント下がっている。半面、「購買意欲」は48.8ポイントと、2.5ポイント改善した。

GfKは今回の結果について、かねて言及しているドイツ経済の重要な柱である内需が、消費者信頼感の悪化傾向を食い止めつつあると説明。ただ、将来的に労働市場が不安定化し、失業率拡大の懸念が生じる場合、経済は再び著しく停滞するだろうと予想している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、来年の成長率見通し引き下げ(12/13)

インフレ率、11月は改定値も1.1%(12/13)

小売りメトロ、通期は13.7%増益(12/13)

旅行TUI、「737MAX」運航停止で25%減益(12/13)

ドイツ鉄道とノキア、自動運転列車を試験へ(12/13)

ヴィテスコ、PHVパワートレインを新開発(12/13)

ルフトハンザ航空、持ち株会社化を計画(12/13)

後払いクラーナ、ベルリンに技術拠点開設へ(12/13)

ダイムラー合弁、北京のNEV工場が完成(12/13)

独政府、破綻のトーマス・クック顧客に返金(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン