• 印刷する

独GDP、改定値も0.1%縮小 米中貿易摩擦が影響=第2四半期

ドイツ連邦統計庁は27日、2019年第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済みの改定値)が前期比0.1%縮小したと発表した。速報値から変化がなかった。米中間の貿易摩擦の激化により輸出向け製造業部門が不振で、第1四半期の0.4%増からマイナスに転落した。

項目別に見ると、 家計最終消費支出は0.1%増と、伸びは前期の0.8%増から減速。政府最終消費支出は0.5%増となり、0.3ポイント下落した。投資を示す総固定資本形成はマイナス0.1%で、うち設備投資が0.6%伸びたものの、建設投資は1%落ち込んでいる。

輸出は1.3%減り、第1四半期の1.8%増からマイナスに転落。輸入も0.3%減少した。輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.5ポイント押し下げている。

中銀のドイツ連邦銀行は先に、ドイツ経済は第3四半期にマイナス成長となり、リセッション(景気後退)に陥る可能性があるとの見方を示した。輸出の落ち込みや製造業生産の低迷などが押し下げ要因になるとしている。欧州委員会は夏季経済見通しの中で、今年のドイツのGDP成長率が0.5%になるとし、春季予測を維持した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

不動産大手2社、ベルリン市に1.5万棟売却(09/20)

インフィニオン、新工場開設 半導体不足の中3カ月予定前倒し(09/20)

ドイツ、放射性廃棄物の貯蔵施設を閉鎖へ(09/20)

VW排ガス不正問題、元幹部4人の公判開始(09/20)

FB、コロナ対策の陰謀論唱える独団体規制(09/20)

コメルツ銀、投融資で気候中立へ(09/20)

マクドナルド、独全土でポイント制度開始(09/20)

印コタック、VW金融部門のローン事業買収(09/20)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

化学BASF、中国・CATLと戦略提携(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン