• 印刷する

独GDP、改定値も0.1%縮小 米中貿易摩擦が影響=第2四半期

ドイツ連邦統計庁は27日、2019年第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済みの改定値)が前期比0.1%縮小したと発表した。速報値から変化がなかった。米中間の貿易摩擦の激化により輸出向け製造業部門が不振で、第1四半期の0.4%増からマイナスに転落した。

項目別に見ると、 家計最終消費支出は0.1%増と、伸びは前期の0.8%増から減速。政府最終消費支出は0.5%増となり、0.3ポイント下落した。投資を示す総固定資本形成はマイナス0.1%で、うち設備投資が0.6%伸びたものの、建設投資は1%落ち込んでいる。

輸出は1.3%減り、第1四半期の1.8%増からマイナスに転落。輸入も0.3%減少した。輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.5ポイント押し下げている。

中銀のドイツ連邦銀行は先に、ドイツ経済は第3四半期にマイナス成長となり、リセッション(景気後退)に陥る可能性があるとの見方を示した。輸出の落ち込みや製造業生産の低迷などが押し下げ要因になるとしている。欧州委員会は夏季経済見通しの中で、今年のドイツのGDP成長率が0.5%になるとし、春季予測を維持した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、独成長率見通しを下方修正(09/13)

ダイムラー、ブカレストにHVバス供給へ(09/13)

フランクフルト国際モーターショーが開幕(09/13)

ZF、ハルデックスの20%株を放出へ(09/13)

仏ミシュラン、コンチネンタルと合弁設立へ(09/13)

愛ライアンエアー、独操縦士とCLA締結(09/13)

化学BASF、LIB再利用で仏2社と提携(09/13)

DHL、向こう3年でタイに6千万ドル投資(09/13)

独外相と香港活動家の面会、中国が抗議(09/13)

欧州司法裁、ロシアの独ガス導管利用を制限(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン