• 印刷する

Ifo企業景況感、8月は過去7年弱で最低

Ifo経済研究所は26日、8月のドイツの企業景況感指数(2015年=100、季節調整済み)が94.3ポイントになったと発表した。前月から1.5ポイント悪化し、2012年11月以降で最低を記録した。

Ifoは毎月、国内の約9,000社を対象にアンケート調査を実施。現在の景気に対する見方を示す「現況指数」と半年後の見通しを示す「期待指数」を元に景況感指数(総合指数)をまとめている。8月は現況指数が97.3ポイントと7月から2.3ポイント低下。期待指数は前月から0.8ポイント下がって、91.3ポイントとなった。

総合指数を業種別に見ると、製造業は1.8ポイント下落し、マイナス6.1ポイントと2009年以降で最も悪化。現況指数と期待指数が共に前月を下回った。

サービス業は現況指数が大きく悪化したほか、期待指数も悲観的な見方が広がり、全体では大きく5ポイント下げている。商業も現況指数と期待指数が共に低下し、3.8ポイント下落した。建設業は1.7ポイント下がり、現況指数はやや低下した半面、期待指数は好調を維持した。

Ifoのクレメンス・フュースト所長は今回の結果について、企業は引き続き、現在の事業環境に満足しておらず、向こう数カ月の見通しもより悲観的になっていると指摘。ドイツ経済がリセッション(景気後退)入りする可能性がさらに高まっていると分析した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

バイエル、米国の除草剤訴訟件数が急増も(10/18)

シーメンス、蘭VDLと電気バス充電で協業(10/18)

メルセデス、世界ブランド番付で欧州首位(10/18)

ヘラー、EV向け車両接近通報装置を開発(10/18)

ヴィテスコ、中国でEV向け駆動装置を生産(10/18)

物流ヘルメスの配送拠点、2人不審死で閉鎖(10/18)

ワイヤーカード、FTの不正疑惑報道を否定(10/17)

VWの新工場計画、ルーマニアが誘致に着手(10/17)

ショルツ財相、大手企業のリブラ離脱を歓迎(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン