• 印刷する

インフレ率、7月は2.1%に加速

英政府統計局(ONS)は14日、7月の消費者物価指数(CPI、2015年=100)が107.9ポイントとなり、前年同月比2.1%上昇したと発表した。伸びは6月から0.1ポイント加速し、英中銀イングランド銀行の目標値2%をわずかに上回った。

最大の押し上げ要因は娯楽・文化で2.4%上昇。外食・ホテルは3.1%値上がりした。衣料品・履物とその他の製品・サービスはそれぞれ0.4%、1.7%伸びた。アルコール飲料・たばこは3.8%のプラスだった。運輸は1.5%伸びたものの、上昇ペースは6月から減速した。

価格変動の激しいエネルギー・食品・アルコール飲料・たばこを除いたコアインフレ率は1.9%と、こちらも前月から0.1ポイント加速した。

住宅所有者の住宅関連コストを含む物価指標「CPIH」の上昇率は2%。カウンシルタックス(住民税)などを含み、年金や賃金交渉で参考にされる小売物価指数(RPI)は2.8%伸びている。ONSがRPIに代わる新指標として試験的に導入している「RPIX」も2.7%上昇した。

CPIは前月比では横ばい。娯楽・文化は1.1%値上がりし、外食・ホテルは0.8%、運輸は0.4%それぞれ伸びた。一方、衣料品・履物は2.9%低下している。

英中銀イングランド銀行は7月に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利を0.75%に据え置くことを決めた。金融資産購入による量的緩和策の規模についても、4,350億ポンドで維持している。中銀は併せて公表したインフレ報告書で、インフレ率は第4四半期に過去3年間で最低水準となる1.6%まで減速するとの見通しを示した。その理由として、原油価格の低下や今月から導入されたエネルギー料金の上限設定を挙げている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン