極右AfDの支持率、旧東独地域で首位に

ユーロ圏解体と難民や移民の排斥を訴える極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が、旧東独地域で支持率で首位に立った。独日曜紙ビルト・アム・ゾンタークが世論調査機関TNSエムニド(Emnid)に委託した調査を元に、4日伝えた。 調査は7月25~31日に1,419人を対象に行…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

コネ、ティッセン昇降機部門との合併に意欲(09/17)

独政府、気候変動対策発表へ 2030年までに400億ユーロ超拠出(09/17)

A・シュプリンガー、人員整理を検討(09/17)

アウディ、違法ソフトの取り除き巡り罰金も(09/17)

ワイヤーカード、中国銀聯と提携強化で覚書(09/17)

独アルディ、向こう2年で店舗新設を加速(09/17)

VW、豪の排ガス訴訟で和解へ(09/17)

ドイツ銀前CEO、英資産運用マンの会長に(09/17)

シーメンス、イラクで発電所の再建を受注(09/17)

メルセデス、越で新型「Eクラス」発売(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン