英独仏露中、イランと核合意維持巡り協議

米国の離脱により崩壊の危機に瀕しているイラン核合意の維持に向け、締結国である英国とドイツ、フランス、ロシア、中国、イランは28日、ウィーンで次官級会合を開いた。英船籍のタンカー拿捕(だほ)などで、イランとの緊張が一段と高まる中での開催となった。イランのアラグチ外…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUロシアアジア米国中東欧州
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

蘭2大年金基金、来年は支給額引き下げも(10/18)

チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲(10/18)

英国とEU、離脱条件で合意 英議会の通過が再び焦点に(10/18)

クリーン燃料の商業化、鍵握るEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第36回(10/18)

大気汚染による早死に、欧州で年間41万人超(10/18)

英・EUの離脱交渉大詰め 国境問題でなお意見不一致か(10/17)

伊政府、2020年予算案を承認=欧州委に提出へ(10/17)

【ウイークリー統計】第48回 海上貨物の国別割合と物流手段(10/17)

欧州新車登録、9月は14.5%増加(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン