• 印刷する

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少

仏自動車大手グループPSA(旧PSAプジョー・シトロエン・グループ)は15日、上半期(1~6月)の世界販売台数が190万3,370台となり、前年同期比12.8%減少したと発表した。米国の対イラン制裁に伴うイランでの事業活動停止に加え、中国をはじめとする新興市場での落ち込みが響いた。

地域別に見ると、欧州はシトロエンが過去8年で最高を記録したものの、プジョーが1.7%減らし、全体では0.3%の伸びにとどまった。インド・太平洋は2.3%のプラスを確保している。一方、中東・アフリカはイラン事業の停止とトルコの大幅な落ち込みが響き68.4%減少。中国・東南アジアは全ブランドが前年を下回り、全体で60.6%縮小した。中南米は29.3%、ロシアを含むユーラシアは14.6%それぞれ減っている。

全体のブランド別では、「プジョー」が23.8%減の76万7,062台。「シトロエン」は53万6,034台と6.4%減った。「オペル・ボクソール」も0.7%のマイナスだったが、「DS」は1.5%伸びた。

PSAは4月、今年の自動車需要について、欧州は安定するものの、中南米は2%、中国は3%それぞれ落ち込むと予想。半面、ロシアは5%拡大するとの見方を示している。


関連国・地域: 英国ドイツフランストルコロシアアジア米国中東中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

金融BNPパリバ、西オールファンズと提携(10/22)

トタル、浙能集団と船舶燃料の合弁設立(10/22)

通信オレンジ、ニジェール事業売却へ(10/22)

化粧品クラランス、上海に開発拠点=国外初(10/22)

ルノー、通期の業績見通しを下方修正(10/21)

エアバス、ルーマニア工場の建設中止(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

仏下院、経営者の租税逃れ防止措置を可決(10/21)

仏宝くじ公社、IPOに向け当局に登録届出(10/21)

カルフール、台湾・桃園に物流拠点を新設へ(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン