• 印刷する

英石油タンカーに航行妨害 ホルムズ海峡、イラン関与か

英国防省は11日、石油メジャーのBPのタンカーがホルムズ海峡で航行妨害に遭ったと発表した。イランの革命防衛隊(IRGC)が保有しているとみられるボート3隻によるもので、護衛していた英海軍のフリゲート艦モントローズが警告を発し、危機を免れた格好だ。英領ジブラルタルの自治政府は先に、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアに原油を輸送していたとみられるイラン所有の大型タンカーを拿捕(だほ)しており、両国間の緊張が高まっている。BBC電子版などが伝えた。

それによると、石油タンカーはペルシャ湾東部のアブムサ島付近を航海中にボート3隻に遭遇。モントローズがボートとタンカーの間に位置を移動し、警告を発した後、ボートは後退したという。発砲はしておらず、モントローズは国際水域内での航行を維持した。

IRGCは今回の事件への関与を否定しており、「過去24時間に英国を含むいずれの外国籍のタンカーも通らなかった」と主張。イランのザリフ外相は「緊張を高めるため」に英国がでっち上げたと批判し「意味のない行為だ」と吐き捨てている。一方で、イランのものとみられる大型タンカー「グレース1」が拿捕された際は、英国の駐イラン大使を召還してタンカーの即時解放を求め、報復措置に出る可能性も示唆していた。


関連国・地域: 英国EU中東
関連業種: 運輸天然資源政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

乗用車生産、10月は過去65年で最低(11/29)

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

英当局、コネクレーンズ合併巡り懸念表明(11/29)

アフリカ南部からの入国制限 欧州各国、新変異株の確認受け(11/29)

エネルギー2社が新たに破綻=計24社に(11/29)

充電ポッド・ポイント、メルセデスと提携(11/29)

仏漁師、港を封鎖し英の漁業権拒否に抗議(11/29)

石油BP、アンゴラ沖油田で生産開始(11/29)

ストラトフォード駅、利用者数で英国首位に(11/29)

ユニリーバ、ルーマニアの食品工場を拡張へ(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン