より一貫した化学物質戦略を追求するEU <連載コラム・環境フォーカス>第35回

欧州連合(EU)の化学物質規制システムは世界的な知名度と複雑さを誇る。とはいえ、まだまだ不十分な面は多い。6月下旬のEU環境閣僚理事会で発表された文書では、化学的リスクに関する早期警告システムや、内分泌かく乱物質に関する行動計画が求められたほか、欧州委員会が「…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラガルド新体制のECBの進路 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第17回(12/06)

チェコ検察、首相の補助金不正巡り再捜査(12/06)

英首相、100日以内の離脱公約 減税やNHS投資含む予算も策定(12/06)

ユーロ圏GDP、第3四半期は0.2%拡大(12/06)

欧州委員長、EU予算削減案を一蹴(12/06)

加盟国の足並みの乱れ鮮明に NATOの70周年記念首脳会議(12/05)

欧州投資銀、アムスの高速道路改修に投資(12/05)

11月は横ばいでなお低水準 ユーロ圏総合PMI確定値(12/05)

蘭、EU競争法改正で中国企業の規制を要求(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン