労働生産性、第1四半期は0.6%低下

英政府統計局(ONS)が5日発表した2019年第1四半期(1~3月)の労働生産性統計によると、労働1時間当たりの生産性は前期比で0.6%低下した。2018年第4四半期の0.3%上昇からマイナスに転落した。 業種別では製造業とサービス業が共に0.5%低下している。 労働者1人当た…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

LSE、買収提案を拒否 HKEX提示案に「根本的懸念」(09/16)

ジョンソン氏、ユンケル欧州委員長と会談へ(09/16)

OVOエナジー、電力SSEの小売事業買収(09/16)

JDウェザースプーン、通期は7.2%増益(09/16)

ヒースロー空港、ドローンでの環境デモ阻止(09/16)

合意なき離脱の最悪シナリオ 暴動や食料品価格の上昇など(09/13)

たばこのBAT、世界で2300人整理へ(09/13)

小売りジョン・ルイス、上半期は赤字転落(09/13)

JFE、英国で廃棄物発電プラントを受注(09/13)

アフリカ南部6カ国、英国とEPA締結へ(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン