労働生産性、第1四半期は0.6%低下

英政府統計局(ONS)が5日発表した2019年第1四半期(1~3月)の労働生産性統計によると、労働1時間当たりの生産性は前期比で0.6%低下した。2018年第4四半期の0.3%上昇からマイナスに転落した。 業種別では製造業とサービス業が共に0.5%低下している。 労働者1人当た…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

金融市場の交渉まとまらず EU首席交渉官、英提案を拒否(07/02)

飲食店運営SSP、最大5千人を整理へ(07/02)

紳士服TMルーイン、国内全66店舗を閉鎖へ(07/02)

ネーションワイド住宅価格、6月は前年割れ(07/02)

英国、公道で電動キックボードの走行試験(07/02)

楽天モバイル、英大とエッジ処理で共同研究(07/02)

イネオス、「ディフェンダー」後続車を披露(07/02)

バーレーン金融NBB、マクラーレンに融資(07/02)

若年層の3割、封鎖措置中に家での食事増(07/02)

英、50億ポンドの復興計画 住宅建設とインフラ整備を軸に(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン