労働生産性、第1四半期は0.6%低下

英政府統計局(ONS)が5日発表した2019年第1四半期(1~3月)の労働生産性統計によると、労働1時間当たりの生産性は前期比で0.6%低下した。2018年第4四半期の0.3%上昇からマイナスに転落した。 業種別では製造業とサービス業が共に0.5%低下している。 労働者1人当た…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

シェル、低炭素化戦略の見直し表明(06/11)

アルティス、通信BTの株式12.1%取得(06/11)

NEC英子会社、医療ソフト開発会社を買収(06/11)

三菱重工、英社にCO2回収技術を提供(06/11)

DAZN、スカイの放映権共有案を拒否(06/11)

ASIのファンド、サウジ政府系基金が出資(06/11)

英・ノルウェー間連系線、通電試験開始へ(06/11)

英製ワクチン、インドネシアで近く使用期限(06/11)

英上場企業の新取締役、昨年は半数超が女性(06/11)

金融企業の法人課税除外を 英、G7財務相会合の合意巡り(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン