• 印刷する

党首選、ジョンソン氏首位 レッドソム氏ら3候補が脱落

メイ首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選挙が13日に始まり、同党の下院議員による第1回目の投票が行われた。10人の候補者のうち最も支持を集めたのは、大方の予想通りジョンソン前外相だった。一方、既定の得票数に満たなかったレッドソム前下院院内総務ら3人の候補は脱落している。BBC電子版が伝えた。

ジョンソン氏は114票を集め、2位のハント外相(43票)を大きく引き離した。3位はゴーブ環境・食料・農村相で37票だった。以下、ラーブ前EU離脱相(27票)、ジャビド内相(23票)、ハンコック保健相(20票)、スチュワート国際開発相(19票)が続いている。

一方、今回の投票では票数が17票に満たない候補者は除外されることになっていたため、レッドソム氏(11票)とハーパー前下院院内幹事長(10票)、マクビー前労働・年金相(9票)が戦列を外れた。

同党は18日に2回目の投票を行い、得票数33票未満の候補者を除外する。候補者が2人に絞りまれるまで同様の投票を繰り返した上で、22日から一般党員約16万人による投票を実施する。結果は7月22~26日に発表される予定。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

政府、議会解散を簡易化する新法案を提出(12/03)

英、クロスレールに8億ポンドの追加支援(12/03)

EU首席交渉官が妥協案説明 不利な条件受け入れは否定(12/03)

テスコ、6億ポンド弱の事業税控除を還付へ(12/03)

警備G4S、カナダ同業が買収額を引き上げ(12/03)

イージージェット、機内手荷物の制限強化(12/03)

HSBC、サウジ行に追加出資(12/03)

英、離脱後のビザ申請開始 EU市民含む全ての外国人対象(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン