• 印刷する

連銀、経済成長率見通しを0.6%に下方修正

中銀のドイツ連邦銀行は7日、半期ごとの経済見通しの中で、今年の国内総生産(GDP、稼働日数調整済み)成長率が0.6%になるとして、前回の昨年12月時点の予測から1ポイントと大幅に引き下げた。国内の消費と投資は力強いものの、外需が低迷しているためという。

2020年のGDP成長率予測も1.2%と、従来の1.6%から引き下げた。2021年については、1.3%になるとみている。

同行は、「国内経済は著しい冷え込みの中にある」と指摘。主な理由として、輸出の伸びが低迷している製造業部門の悪化を挙げた。生産高が長期的に低迷するとは予想していないものの、大きく落ち込む危険性があると警告。ただし、輸出は下半期(7~12月)に回復し、それにより製造業部門の生産も拡大するとの見方を示した。

なおインフレ率については、今年の予想を1.4%に据え置いたが、経済の伸びが減速するため、価格の上昇ペースは当初の予想よりもかなり緩やかになるとみている。インフレ率は2020年には1.5%に、2021年には1.7%に加速すると予測している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

バイエル、米国の除草剤訴訟件数が急増も(10/18)

シーメンス、蘭VDLと電気バス充電で協業(10/18)

メルセデス、世界ブランド番付で欧州首位(10/18)

ヘラー、EV向け車両接近通報装置を開発(10/18)

ヴィテスコ、中国でEV向け駆動装置を生産(10/18)

物流ヘルメスの配送拠点、2人不審死で閉鎖(10/18)

ワイヤーカード、FTの不正疑惑報道を否定(10/17)

VWの新工場計画、ルーマニアが誘致に着手(10/17)

ショルツ財相、大手企業のリブラ離脱を歓迎(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン