政府、今年の成長見通しをさらに下方修正か

ドイツ政府は、2019年の国内総生産(GDP)成長率の見通しを0.5%に下方修正するもようだ。政府は1月に成長率見通しを1.8%から1%に修正しており、これをさらに引き下げる格好となる。独週刊誌シュピーゲルが11日伝えた。 それによると、今回の見直しは、国際的な貿易紛争の…

関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

MKグループ、バイオマス発電所を建設へ(06/21)

VWとシュコダ、排ガス不正で賠償命令(06/21)

ドイツ銀、資金洗浄の疑いで米FBIが捜査か(06/21)

EU首脳、要職人事など協議 欧州委員長はEPPから選出濃厚(06/21)

アディダス、「3本線」の商標権巡り敗訴(06/21)

チェコの乗用車生産、1~5月は0.5%減少(06/21)

ダイムラー、最新鋭工場に5Gインフラ導入(06/21)

ベンツ、マで域内初のフル電動SUVを発表(06/21)

独商工会、マでのバイオガス事業に関心(06/21)

VWのタイ販社、独自装備の特別モデル輸出(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン