政府、今年の成長見通しをさらに下方修正か

ドイツ政府は、2019年の国内総生産(GDP)成長率の見通しを0.5%に下方修正するもようだ。政府は1月に成長率見通しを1.8%から1%に修正しており、これをさらに引き下げる格好となる。独週刊誌シュピーゲルが11日伝えた。 それによると、今回の見直しは、国際的な貿易紛争の…

関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ノルドストリーム2に黄信号 欧州委員長候補、敷設阻止の意向(04/24)

シュコダ、印でスパーブに新型ローン導入(04/24)

再生エネの南北送電計画、独各地で反対デモ(04/24)

ユーロ圏財政赤字、対GDP比0.5%に改善(04/24)

九電みらい、エーオンと洋上風力発電で協定(04/24)

ドイツのビール価格、昨年は3.5%上昇(04/24)

独武器輸出高、第1四半期は1億ユーロ減(04/24)

ムタレス、アルセロールから仏子会社取得へ(04/24)

VW、排ガス不正問題で印の最高裁に上訴(04/24)

ベンツのEV、韓国で9月に発売か(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン