EU―ETS対象施設の排出量、3%減少

欧州連合(EU)の排出権取引制度(EU―ETS)の対象施設による温室効果ガスの昨年の排出量は、二酸化炭素(CO2)換算で17億5,700万トンとなり、前年比3.3%減少した。再生可能エネルギーの利用が増加したため。欧州委員会と米金融情報サービス大手トムソン・ロイターのフ…

関連国・地域: EU米国欧州
関連業種: その他製造金融運輸天然資源電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン