• 印刷する

使い捨てプラ規制案を承認 40年までに15%削減=欧州議会

欧州議会(定数705)は24日、欧州連合(EU)域内の包装廃棄物の削減に向けた規則案を476対129の賛成多数で可決した。再利用やリサイクルを促すとともに、包装材の使用量を2040年までに15%削減することを目指す。中でも使い捨てプラスチックについては、30年からカフェのドリンクやホテルのミニシャンプーなど一部用途への使用を禁止する。

包装材の使用量については、18年の水準から30年までに5%、35年までに10%、40年までに15%削減する。これに向け、30年1月から◇青果◇飲食店内で消費する食品・飲料◇使い切りサイズの調味料◇宿泊施設のアメニティー◇厚さ15ミクロン未満の買い物袋――への使い捨てプラスチックの使用を禁止する。

リサイクル向上策としては、29年までに使い捨てペットボトルや飲料缶の90%以上を分別回収することを目指す。これに向け、加盟各国は返却制度の確立を義務づけられる。

再利用の促進に向けては、持ち帰り飲食物の販売業者に対し、消費者による容器持参を認めることや、30年までに牛乳や一部アルコール飲料を除く飲料の10%以上を再利用可能な容器で提供することを義務づける。

同規則案は、EU理事会での正式承認を経て成立する見通し。EU域内の包装廃棄物は21年に8,400万トンと、09年から25%増えており、対策が急がれている。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 食品・飲料化学小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン