• 印刷する

ハノーバー・メッセが開幕 産業システムの統合化がテーマ

独北部ハノーバーで1日、世界最大規模の産業見本市「ハノーバー・メッセ」が開幕した。開幕式典には今年のパートナー国となるスウェーデンのロべーン首相が出席。メルケル首相と共に会場を視察した。

メルケル首相は開会式のスピーチで、欧州連合(EU)は次世代の産業テクノロジーにおける競争力を高める必要があると強調。「欧州人は共に行動し、共通の立場を見つける必要がある」と述べた。また、欧州委員会は年内にEUの産業的能力を促進するための政策を提案する予定だと説明。人工知能(AI)やバッテリー技術の開発で、パートナー国のスウェーデンと協力する姿勢を示した。

今年の「ハノーバー・メッセ」は、「産業システムの統合化(インテグレイテッド・インダストリー)―産業インテリジェンス」が主要テーマ。オートメーションやロボティクス、ソフトウエア、IT(情報技術)、真空技術、動力伝達・流体技術から、総合エネルギーシステムなどに至るまで、広範にわたる産業技術が展示される。

3日には今年で13回目となる「ドイツ・日本経済フォーラム」が、AIの産業での活用をテーマに開かれる。同フォーラムとしては初めてスタートアップを取り上げ、日独双方のスタートアップ企業がプレゼンテーションを行う予定という。また、昨年に引き続き「ジャパン・パビリオン」が設置される。

今年の「ハノーバー・メッセ」には世界約75カ国から6,500社程度が出展するほか、1,400を超える場内イベントが開催される予定。日本からは82社・団体が出展。会期は5日までで、22万人超の来場が予想されている。[日本企業の動向]


関連国・地域: ドイツスウェーデンアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機化学その他製造IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EVテスラ独工場、拡張承認 地元議会=環境活動家は訴訟計画(05/20)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

送電テネット、独事業の代替売却先検討(05/20)

独、今年の税収予想を482億ユーロ引き下げ(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

ダイムラーとボルボ、トラック用ソフト合弁(05/20)

人工衛星BST、ベルリンに工場建設(05/20)

シーメンス、台湾社とスマート製造で提携(05/20)

G7、露資産によるウクライナ支援で合意へ(05/20)

ポルシェEV、タイで新型モデルの予約開始(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン