機械工業連盟、生産見通しを1%に下方修正

ドイツ機械工業連盟(VDMA)は1日、2018年の機械生産高が1%増加するとの見通しを発表した。貿易摩擦や世界経済の減速などを背景に、従来予想の2%増から引き下げている。ロイター通信などが伝えた。 VDMAは、関税やその他の障壁に関する国際的な対立が、市場関係者を…

関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

失業率、6月は6.4%に悪化(07/02)

ドイツ小売売上高、5月は13.9%増加(07/02)

独企業、ノルドストリーム2への米制裁反対(07/02)

ワイヤーカード、管財人が分割売却を検討(07/02)

ドイツ最低賃金、段階的に11.8%引き上げへ(07/02)

シーメンス、台湾社と設備監視システム開発(07/02)

独、EU理事会議長国に就任 新型コロナ危機からの復興に注力(07/01)

フレイザーズ、ヒューゴ・ボスへの出資増(07/01)

ビルフィンガー、エジプトでコンサル契約(07/01)

アリアンツ、韓国社と不動産投資で提携(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン