• 印刷する

メイ首相「議会採決は延期」 3月12日までに実施へ

メイ首相は24日、欧州連合(EU)離脱協定を巡る下院での再採決を今週は行わず、3月12日までに実施する方針を示した。それまでに「バックストップ(安全策)」の見直しに向けた対EU交渉で成果を挙げる意向。ただ一部の下院議員は、離脱期限である3月29日に合意のないままEUを離脱する可能性を排除するため、離脱を遅らせる修正案などを提出しており、下院では27日にこれらの案を巡る採決が行われる見通し。BBC電子版が伝えた。

メイ首相はこの日、エジプトで開催されたEU・アラブ首脳会議(サミット)の会場で、トゥスクEU大統領やEU加盟各国の首脳とEU離脱方針について協議した。同首相は記者団に対し、英国とEUの交渉団が26日に再び協議するため、今週は下院で採決を行わないと説明。「3月12日までには実施できるようにする」とした上で、「3月29日に合意に基づきEUを離脱することはなお可能」との考えを示した。

これに対し、最大野党・労働党のイベット・クーパー議員と与党・保守党のオリバー・レトウィン議員は、3月13日までに下院で離脱協定が承認されなければEU離脱を遅らせる案を連名で提出。メイ首相はかねて、EU離脱の遅延には強く反対しているが、閣内からもクラーク・ビジネス・エネルギー・産業戦略相やラッド雇用・年金相、ガーク司法相兼大法官がこの案に賛成票を投じる可能性を示唆している。


関連国・地域: 英国EU中東
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

イングランドの都市封鎖、感染抑制効果薄く(01/22)

ガラスのピルキントン、ポーランド工場拡張(01/22)

HSBC、英国内で管理職340人整理も(01/22)

車部品ヒューランド、印社が株式取得(01/22)

ファイザー製ワクチン、英変異種にも有効か(01/22)

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン