• 印刷する

社会民主党、政策方針発表 国内4州での議会選控え

ドイツの第2党で中道左派の社会民主党(SPD)は10日、「新時代のための新福祉国家」として政策についての考え方を示す方針書を発表した。2017年の連邦議会選挙で第2次世界大戦以降で最低の得票率に沈んだ同党は、年内に4州で実施される州議会選挙を前に有権者の支持回復を狙う。

方針書には、失業保険の掛け金支払い期間に応じた給付期間の延長、子供を持つ親への失業保険金給付の引き上げ、最低賃金の時給9ユーロから12ユーロへの引き上げなどが盛り込まれている。同党が連邦政府で連立を組む第1党のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)がこれに応じる可能性は低いが、SPDのナーレス党首はCDU・CSUから譲歩を引き出すことが目的ではないと語る。「これはSPDの方針書であり、有権者を説得することを目的に、この考え方に基づいて選挙運動を進める」と説明している。

5月に州議会選が行われるブレーメン州では、SPDが1946年から第1党の座を維持してきたが、最新の世論調査ではCDUに1ポイントのリードを許している。9月以降には北東部ブランデンブルク州、東部ザクセン州、中部テューリンゲン州の州議会選挙が控えているが、世論調査ではユーロ圏解体と反難民を訴える極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」がCDUに続く第2党に躍進する可能性が出ている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、英からの入国者を隔離義務対象外に(04/19)

16年商用車カルテル、ダイムラーに賠償責任(04/19)

シーメンス子会社、米バリアン買収完了(04/19)

ANA、独社とドローン配送事業化で提携(04/19)

欧州委、スエズの一部資産売却を承認(04/19)

経済成長率見通しを引き下げ コロナ規制が影響=独5大研究所(04/16)

アルディ、ポーランドで年内に45店追加へ(04/16)

ワイヤーカード、独連邦検事局と密接な関係(04/16)

独憲法裁、ベルリンの家賃凍結法に無効判決(04/16)

インフレ率、3月は1.7%=改定値(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン