• 印刷する

連立与党CSU、新党首にゼーダー氏選出

キリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党キリスト教社会同盟(CSU)は19日に党大会を開き、87%を超える得票率で新党首に南部バイエルン州のマルクス・ゼーダー首相(52)を選出した。2008年から党首を務めたゼーホーファー前党首は昨年11月、党内刷新のため辞任の意向を明らかにしていた。

ゼーダー新党首は、カトリック系が主流の同党において、プロテスタント系として初めての党首となる。選出後の演説では、昨年の議会選挙での大敗など同党は難しい状況に置かれているが、多くの支持を得られたことを喜ばしく思うとコメント。CSUに力を取り戻し、不安定な世界情勢の中で「国民を守る」と意気込んだ。

CSUは昨年10月に行われた地元バイエルン州の州議会(定数205)選挙で大敗。得票率は1950年以降で最低だったほか、議席数も単独過半数を失い、ゼーホーファー氏に対する辞任圧力が高まっていた。なお、ゼーホーファー氏は内相職には留任している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ南部からの入国制限 欧州各国、新変異株の確認受け(11/29)

新政権、気候変動に500億ユーロ超を拠出か(11/29)

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

ラインメタル、ハンガリー社の株式25%取得(11/29)

輸入価格、エネ高騰で40年ぶりの上昇幅(11/29)

充電ポッド・ポイント、メルセデスと提携(11/29)

中国・長城汽車、独南部に欧州本部設置(11/29)

メルセデス、タイでEV「EQS」発表(11/29)

アウディ、越で104台をリコール(11/29)

コロナ死者数が10万人超え ドイツ、新政権は規制強化の流れ(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン