ウニパー、ガス火力発電所を建設へ

独エネルギー最大手エーオンから分離した火力・水力発電・エネルギー取引子会社ウニパー(Uniper)は9日、オランダの送電大手テネット(TenneT)から、ミュンヘン南郊イルシング(Irsching)でガス火力発電所の建設・運営を受注したと発表した。緊急時の電力供給の安全弁として、…

関連国・地域: ドイツオランダ
関連業種: 建設・不動産天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ゼレンスキー大統領、メルケル独首相と会談(06/20)

独政府、EV電池製造補助へ 資金援助先の3企業連合選出か(06/20)

塩野義、西同業と便秘症治療薬の販売契約(06/20)

EU8カ国、2030年までに石炭火力脱却へ(06/20)

欧州委、独のディーゼル車改良補助を承認(06/20)

アウディ、ロシアで1325台をリコール(06/20)

北マケドニアのEU加盟交渉、決定先送り(06/20)

シーメンス、ガス・電力部門で2700人整理(06/20)

生産者物価、5月は1.9%上昇(06/20)

韓国・セルトリオン、欧でバイオ後発品販売(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン