失業率、12月は5%で横ばい

ドイツ連邦労働局は4日、2018年12月の失業率(季節調整済み)が5%となったと発表した。東西統一後の最低記録を更新した前月から横ばいとなった。 失業者数は11月から約1万4,000人減少し、226万1,000人だった。 季節調整前の失業率は4.9%と、前月から0.1ポイント悪化。地域別…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

製薬・化学バイエル、通期は2.5倍弱に増益(02/28)

CSU党首、緑の党との協力を否定(02/28)

新型肺炎の影響、欧州で波及 工場停止検討や見本市中止相次ぐ(02/28)

ザランド、通期は29.7%増益(02/28)

フォード傘下のスピン、ドイツ参入へ(02/28)

ブローゼ、印で電動車両部品の生産を検討(02/28)

メルセデス、来年からタイでEV生産(02/28)

与党CDU、メルケル氏後継候補は男性3人(02/27)

シュプリンガーの合弁、ポーランド社買収(02/27)

ドイツ、EV充電の国家管理センター創設へ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン