• 印刷する

英国、英仏海峡の監視強化=密航船増加で

英仏海峡を小型ボートで渡り英国に密入国しようとする移民・難民が増えている。ジャビド内相はこれを受け2018年12月31日、国境警備隊の監視船2隻をイングランド南東部沖に追加で配備すると発表。フランスとの協力強化や、密航船を手配する組織犯罪の撲滅にも注力する方針を示している。

同内相はこの前日にカスタネール仏内相と電話で会談し、こうした行動計画について合意。昨年11月以降に英仏海峡を渡り英国入りした移民・難民は239人に達しており、多くはイラン人やシリア人とみられている。同年12月30日には6人、大みそかには子供を含む12人のイラン人が、イングランド南部ケント州の海岸に到着した。

国境警備隊の監視船5隻のうち、これまで英仏海峡を巡回するのは1隻のみだった。ジャビド内相はこのほか、国家犯罪対策庁(NCA)と仏当局の協力により、フランス側の密航業者の摘発に努めるとしている。同相はこれらの措置について、「人命と英国の国境を守ることが目的」と説明。両内相は数週間以内に、さらなる措置が必要かを対面で協議するという。


関連国・地域: 英国フランス中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボクソール、工場存続巡り近く結論も(02/26)

発電ドラックス、欧州最大の発電所建設中止(02/26)

セントリカ、通期は赤字拡大(02/26)

アビバ、ポーランド事業の買収提案期限延長(02/26)

包装材モンディ、同業DSスミス買収模索か(02/26)

英・EU、北ア通関手続きの免除で合意せず(02/26)

GfK消費者信頼感、2月は上昇(02/26)

欧州の風力発電量、昨年は全体の16%(02/26)

CDP、アトランティア子会社買収で新提案(02/25)

EUワクチン供給、遅延続く アストラゼネカ「予定の半分」(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン