【年始特集】EUの求心力問われる年に 改革生煮え、厳しさ増す政治環境

選挙日程に恵まれた2018年は、欧州連合(EU)が直面するさまざまな課題に取り組む改革の絶好機と目されてきた。だが、ドイツで政権発足が難航、イタリアでポピュリスト政権が誕生、難民対応などを巡る加盟国間の亀裂が表面化、英国のEU離脱協議にも翻弄(ほんろう)され、結局…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアポーランドハンガリー欧州
関連業種: 金融天然資源メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

AGC、欧米バイオ医薬品生産拠点を増強(11/12)

タイ、二輪車に「ユーロ4」義務付けへ(11/12)

【今週の主な予定】11月11~15日(11/11)

加盟9カ国、EU全体での航空税導入を要求(11/11)

マクロン仏大統領「NATOは脳死状態」(11/11)

欧州二輪車登録台数、1~9月は9.8%増加(11/11)

米主導のホルムズ有志連合、本格始動(11/11)

【欧州における日本企業の動向】10月1~31日(11/11)

【EU規制ウオッチング】10月1~31日(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン