【年始特集】EUの求心力問われる年に 改革生煮え、厳しさ増す政治環境

選挙日程に恵まれた2018年は、欧州連合(EU)が直面するさまざまな課題に取り組む改革の絶好機と目されてきた。だが、ドイツで政権発足が難航、イタリアでポピュリスト政権が誕生、難民対応などを巡る加盟国間の亀裂が表面化、英国のEU離脱協議にも翻弄(ほんろう)され、結局…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアポーランドハンガリー欧州
関連業種: 金融天然資源メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

通信機器ノキア、イランで新規事業を停止(03/25)

英各省庁、緊急対策を始動 合意なき離脱の可能性に備え(03/25)

スロバキア失業率、2月は5.16%に改善(03/25)

【今週の主な予定】3月25~29日(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

日本税関、英離脱後のEPA適用日程を公表(03/25)

3月は51.3に低下 ユーロ圏総合PMI速報値(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

中国、EUなどへの不当廉売関税を仮決定(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン