• 印刷する

政府「EUと取引ある企業は今すぐ対策を」

英政府は21日、欧州連合(EU)域内と取引のある国内企業に対し、英国が何の合意もなくEUを離脱した場合の準備に直ちに着手するよう呼び掛けた。ただ、合意がまとまらない可能性は低いとの姿勢は維持している。

歳入関税庁(HMRC)はこの日、合意なし離脱の場合の通関手続きへの準備に関するウェブサイト上の情報を更新した。「パートナーシップ・パック」と題するこの情報は、10月に最初に掲載されてから随時、内容が更新されているが、今回はこれまでと違い直ちに対策を取る必要性を強調。具体的には、通関手続きの代行業者の手配や、輸出入申告用のソフトウエアの導入、EU域内の税関が使用する事業者登録・識別(EORI)番号の取得などを促している。

ストライド財務担当閣外相は公共放送BBCのテレビ番組で、英国が合意なしにEUを離脱することは考えにくいとした上で、「もしそうなった場合、EU加盟27カ国と輸出入取引のある事業者は一定の措置を取る必要が出てくる」と指摘。「今すぐそれらに対処すべきだ」と話した。

英商工会議所(BCC)、産業連盟(CBI)、エンジニアリング事業者協会(EEF)、小企業連盟(FSB)、経営者協会(IOD)ら5つの国内主要経済団体は先に、「政治家は派閥争いに夢中で企業が取るべき実務的な措置を示していない」と、強く非難していた。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン