• 印刷する

Ifo企業景況感、12月は悪化

Ifo経済研究所は18日、12月のドイツの企業景況感指数(2015年=100、季節調整済み)が101ポイントになったと発表した。前月から1ポイント低下し、市場予想を下回った。

Ifoは毎月、国内の約9,000社を対象にアンケート調査を実施。現在の景気に対する見方を示す「現況指数」と半年後の見通しを示す「期待指数」を元に景況感指数(総合指数)をまとめている。12月は現況指数が104.7ポイントと11月から0.8ポイント低下。期待指数は前月を1.4ポイント下回り、97.3ポイントだった。

総合指数を業種別に見ると、製造業は2.9ポイント低下。現状指数はやや落ち込んだものの高水準を維持した。一方、期待指数は2016年5月以降で初めてマイナスに転じた。

サービス業は3.9ポイント低下。現況指数、期待指数共に悪化した。商業は卸売りがわずかに改善したものの小売りがやや落ち込み、全体で0.7ポイント下がっている。建設は高水準だった前月から横ばいとなった。

Ifoのクレメンス・フュースト所長は今回の結果を受け、「企業の不安感は増しつつあり、ドイツ経済は実りの少ない時期に直面している」とコメントした。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

墺首相、極右政党との連立解消=総選挙へ(05/21)

三和HD、独子会社がドア製造ロバスト買収(05/21)

欧州議会選、蘭に注目集まる 他国の投票行動に影響も(05/21)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

欧州議会選控え全国で親欧州デモ(05/21)

米国、EUへの自動車輸入関税導入を延期(05/21)

独経済、第2四半期は減速へ=連銀(05/21)

生産者物価、4月は2.5%上昇(05/21)

独政府専用機、不具合で外相の訪問に遅延(05/21)

ダイムラー、中国・吉利と配車サービス合弁(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン