OPECと非加盟国、120万バレル減産へ

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国は7日開いた閣僚級会合で、来年1月から半年間にわたり原油生産量を日量120万バレル減らすことで合意した。OPECはこの前日の総会で減産の方針を決めており、非加盟産油国と協議の上、具体的な削減量が決まった。 産油国は…

関連国・地域: ロシア米国アフリカ中東中南米
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

カザフのナザルバエフ大統領が退任(03/20)

プーチン氏、クリミア編入記念し現地を訪問(03/20)

主要産油国、6月まで減産維持(03/20)

ロシア鉱工業生産、2月は4.1%増加(03/20)

ノバテク、LNG権益をサウジ社に売却も(03/19)

ウズベキスタン、ジザク製油所の建設を停止(03/18)

ロシア、OPECプラスで歳入拡大(03/18)

VWの世界販売、2月は1.8%減少(03/18)

ガスプロムバンク、ベネズエラ合弁株を売却(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン