• 印刷する

CDU新党首に親メルケル派 クランプカレンバウアー氏を選出

メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の党首選挙が7日に行われ、同首相の路線を継ぐ中道派のアンネグレート・クランプカレンバウアー幹事長が、党内右派のフリードリヒ・メルツ元院内総務を抑えて新党首に選出された。メルケル氏は、投票に先立つ演説で「党首を務められたことに感謝する」と語り、18年にわたった党首生活の幕を引いた。

党首選には、両氏に反メルケル派の若手リーダーであるシュパーン保健相を加えた3人が出馬していた。999人の選挙人が投票し、第1回投票ではクランプカレンバウアー氏が450票、メルツ氏が392票、シュパーン氏が157票と、いずれも過半数に届かず、上位2人の決選投票が行われることになった。この結果、クランプカレンバウアー氏は517票を獲得して当選。メルツ氏は482票だった。

クランプカレンバウアー氏は、メルケル首相によって2月に西部ザールラント州首相から幹事長に抜てきされた。頭文字の「AKK」を愛称とし、世論調査では3候補の中で最も人気が高い。敗れたメルツ氏は2002年にメルケル首相と対立して政界から退いた人物で、同首相の移民受け入れ策に強く反対していた。

メルケル首相は10月末、独中部ヘッセン州の州議会選挙でCDUの得票率が大きく落ち込んだことを受け、党首選への出馬を断念。ただ、首相には2021年の任期終了までとどまる意向を示しており、クランプカレンバウアー氏も同首相の続投を支持している。

メルケル氏は演説で、「未来がわれわれの価値観を試す」と語り、演説終了時には6分以上にわたる拍手喝采が続いた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、ガス供給巡りトラフィギュラに融資保証(12/06)

VW、新ソフト戦略を監査役会に提示へ(12/06)

独リリウム、英市場に参入=現地社と提携(12/06)

BMW、銅採掘技術の米ジェッティに出資(12/06)

BMW、航続距離3割増しの次世代セル開発(12/06)

VW傘下のカリアド、パラゴンの子会社買収(12/06)

独の移民流入、今年は120万人で記録更新も(12/06)

独経済省、中国への貿易依存脱却を提案(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

ウニクレディト、伊社員に一時金=物価対策(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン