• 印刷する

CDU新党首に親メルケル派 クランプカレンバウアー氏を選出

メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の党首選挙が7日に行われ、同首相の路線を継ぐ中道派のアンネグレート・クランプカレンバウアー幹事長が、党内右派のフリードリヒ・メルツ元院内総務を抑えて新党首に選出された。メルケル氏は、投票に先立つ演説で「党首を務められたことに感謝する」と語り、18年にわたった党首生活の幕を引いた。

党首選には、両氏に反メルケル派の若手リーダーであるシュパーン保健相を加えた3人が出馬していた。999人の選挙人が投票し、第1回投票ではクランプカレンバウアー氏が450票、メルツ氏が392票、シュパーン氏が157票と、いずれも過半数に届かず、上位2人の決選投票が行われることになった。この結果、クランプカレンバウアー氏は517票を獲得して当選。メルツ氏は482票だった。

クランプカレンバウアー氏は、メルケル首相によって2月に西部ザールラント州首相から幹事長に抜てきされた。頭文字の「AKK」を愛称とし、世論調査では3候補の中で最も人気が高い。敗れたメルツ氏は2002年にメルケル首相と対立して政界から退いた人物で、同首相の移民受け入れ策に強く反対していた。

メルケル首相は10月末、独中部ヘッセン州の州議会選挙でCDUの得票率が大きく落ち込んだことを受け、党首選への出馬を断念。ただ、首相には2021年の任期終了までとどまる意向を示しており、クランプカレンバウアー氏も同首相の続投を支持している。

メルケル氏は演説で、「未来がわれわれの価値観を試す」と語り、演説終了時には6分以上にわたる拍手喝采が続いた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バイエル、米国の除草剤訴訟件数が急増も(10/18)

シーメンス、蘭VDLと電気バス充電で協業(10/18)

メルセデス、世界ブランド番付で欧州首位(10/18)

ヘラー、EV向け車両接近通報装置を開発(10/18)

ヴィテスコ、中国でEV向け駆動装置を生産(10/18)

物流ヘルメスの配送拠点、2人不審死で閉鎖(10/18)

ワイヤーカード、FTの不正疑惑報道を否定(10/17)

VWの新工場計画、ルーマニアが誘致に着手(10/17)

ショルツ財相、大手企業のリブラ離脱を歓迎(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン