イタリア、排ガス量に応じた「エコ税」検討

イタリア政府は2019年度予算案の修正案で、低排出車の購入支援を行うと同時に、排ガス量の多い車には追加で課税する「エコ税」の導入を検討しているようだ。環境意識の高い第1党の反体制派政党「五つ星運動」が提示した内容だが、連立を組む中道右派の同盟(旧北部同盟)や自動車…

関連国・地域: EUイタリア
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

カンパリ、仏同業の買収に向け独占協議(07/23)

伊連立与党、欧州委員長人事巡り崩壊の危機(07/22)

ソラリス、伊公共交通2社から電気バス受注(07/22)

伊政府、中国社反発で介入権強化法案撤回も(07/19)

伊内相、難民救助船への政府方針を維持(07/19)

サイペム、サウジで洋上風力発電所を建設へ(07/19)

テレコムイタリア、20億ユーロの資産売却も(07/18)

アリタリア航空、救済にアトランティア参画(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

破綻の建設アスタルディ、同業サリニが買収(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン