ポーランド、最高裁判事の定年巡る新法修正

ポーランドの下院(定数460)は21日、最高裁判所の判事の定年を70歳から65歳に引き下げる新法の修正を可決した。欧州司法裁判所は10月、同法律の施行を即時に差し止めるよう命令しており、これに従った格好。BBC電子版などが伝えた。 7月に施行された新法は最高裁判事の定年を…

関連国・地域: EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランドGDP、第1四半期は4.6%拡大(05/17)

韓国LS電線、ポーランドに工場を開設(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

旅行TUI、第2四半期は赤字拡大(05/16)

化学アゾテ、現代エンジが新施設建設(05/14)

南部マズィルの製油所、石油精製を再開(05/14)

製薬リヒター、第1四半期は51.8%増益(05/13)

PSA、ポーランド工場で大型バン生産へ(05/13)

チェコのeコマース、外国展開で中東欧首位(05/10)

米アマゾン、ポーランド従業員が賃上げ要求(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン