• 印刷する

GDP成長率、0.6%に加速 温暖な気候とW杯で消費拡大

英政府統計局(ONS)は9日、2018年第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比0.6%増加したと発表した。第2四半期の0.4%から伸びが加速。温暖な気候で個人消費が後押しされ、2016年第4四半期以降で最高を記録した。

産業別に見ると、英経済の原動力であるサービス業は0.4%拡大。伸びは前期から0.2ポイント減速した。うち自動車販売を含む運輸・倉庫・通信は1.4%増加し、流通・ホテル・レストランは0.8%、ビジネスサービス・金融は0.3%それぞれ伸びた。

鉱工業は0.8%増加し、第2四半期の0.8%減からプラスに転じた。うち電気・ガス・蒸気・空調供給は1.9%拡大し、採鉱・採石は1.7%増加。製造業と水道・下水・廃棄物処理はそれぞれ0.6%、0.3%増えている。

建設業は2.1%増加し、農林水産業は0.2%伸びた。

GDPは前年同期比では1.5%拡大し、伸びは前期から0.3ポイント加速した。

ONSは第3四半期について、「温暖な気候やサッカーのワールドカップ(W杯)により7月の消費が大きく押し上げられた」と分析。また今年初めの経済成長が低調だった反動もあると指摘している。

国際通貨基金(IMF)は10月、英国の今年のGDP成長率が1.4%になり、来年については1.5%になるとして共に従来予想を維持している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、党内の信任獲得 次期総選挙前に退任の意向示す(12/13)

ディクソンズ・カーフォン、31.5%減益(12/13)

スーパードライ、上半期は49%減益(12/13)

EPエナジー、越で洋上風力発電を計画(12/13)

英ボーダフォン、資産取得巡り欧州委が調査(12/13)

みずほ証券、フランクフルトで認可取得(12/13)

ユーロ圏鉱工業生産、10月は0.2%増加(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

東欧2カ国のシェンゲン協定加盟に青信号(12/13)

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン