• 印刷する

独商工会議所、成長見通しを引き下げ

ドイツ商工会議所連合会(DIHK)は18日発表した最新の企業景況感調査の中で、今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを前回5月時点の2.2%から1.8%に引き下げた。人材不足や保護貿易主義の高まりなど国内外でリスク要因が高まり、景況感が過去4年で最低水準に落ち込んでいるため。来年はさらに1.7%への減速を見込んでいる。

約2万7,000社を対象に行われた調査によると、業況が「良い」と回答した企業の割合は全体の52%、「まあまあ」が41%、「悪い」は7%だった。また向こう1年間で業況が「改善する」との回答は22%、「安定的」が67%で、「悪化する」との見方は11%だった。「改善する」の回答率から「悪化する」を差し引いた企業景況感は11ポイントと、前回の17ポイントから大きく悪化している。

企業が最大のリスク要因と見なしているのは、熟練労働者の不足と労働コストの上昇で、特に建設、運輸、医療サービスが最も大きな影響を受ける見通し。また、米国の保護貿易主義的な政策や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念も引き続き強く、投資意欲を押し下げている。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツEU米国
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率見通しを引き下げ 供給網混乱も影響=独5大研究所(10/15)

VW幹部、EV移行で3万人削減の報道否定(10/15)

独首相、国内企業にアジア事業の脱中国要求(10/15)

シーメンス、UAEの第4次産業革命を支援(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

ベイワ、越に太陽光発電設備の倉庫新設(10/15)

VW、EV移行で3万人失職も=CEO(10/14)

独で大麻合法化議論が再燃=警察は警鐘(10/14)

BASF、飼料業界に携帯型の成分解析技術(10/14)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン