バイエル、一部医薬品研究の外部委託を検討

製薬・化学大手バイエルは、一部の医薬品の研究開発(R&D)活動を巡りアウトソーシング(外部委託)を検討しているもようだ。ファーマシューティカルズ部門の成長が減速する中、コストを削減する狙い。同社の労使協議会の発表を元に、ロイター通信が15日伝えた。 それによると…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産金融雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

バイエル、第3四半期は25.6%減益(11/14)

サンタンデール、ドイツ銀の一部事業を買収(11/14)

トルコ自動車生産、10月は16%減少(11/14)

ZEW景気期待指数、11月はわずかに改善(11/14)

携帯電話ボーダフォン、上半期は赤字転落(11/14)

ロケット打ち上げアリアン、2千人超整理へ(11/14)

インフレ率、10月は2.5%に加速=改定値(11/14)

アマゾン、イタリアにデータ部門を新設へ(11/14)

電力ウニパー、1~9月期は赤字転落(11/14)

スーパー売上高、直近12週間は2.6%増加(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン