伊政府、来年度予算案を提出 欧州委が2週間以内に意見表明

イタリア政府は15日、2019年度予算案を閣議承認し、欧州委員会に提出した。社会保障関連の支出拡大や財政赤字の対国内総生産(GDP)比率引き上げなどが盛り込まれており、かねて財政規律の順守を求める欧州連合(EU)との衝突が予想されている。フィナンシャルタイムズなどが…

関連国・地域: EUイタリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

ピアジオ、越でベスパの新モデル2車種発売(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

欧州委の修正要求を拒否 伊政府、2019年度予算案巡り(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

エニ、アブダビ社にエジプトのガス権益売却(11/14)

トルコ自動車生産、10月は16%減少(11/14)

携帯電話ボーダフォン、上半期は赤字転落(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン