<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第7回 英国のEU離脱は欧州に何をもたらすか

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る交渉が正念場を迎えている。決裂を含めて、あらゆる可能性を排除することはできない。交渉の現状を簡単に振り返った上で、ブレグジットが欧州の経済、金融、政治情勢に与える影響を考察してみたい。(みずほ総合研究所上席主任エ…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUオランダポーランドチェコスロバキアハンガリー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリー貿易収支、10月は黒字縮小(12/10)

【今週の主な予定】12月10~14日(12/10)

メイ首相、閣僚を全国に派遣 離脱協定の支持取り付けで(12/10)

チェコ貿易収支、10月は黒字縮小(12/10)

スロバキアの財務相、次期中銀総裁に就任へ(12/10)

イタリア、排ガス量に応じた「エコ税」検討(12/10)

鉱工業生産、10月は0.5%減少(12/10)

金融サービスの対EU輸出、離脱後6割減も(12/10)

ユーロ圏GDP、第3四半期は0.2%に減速(12/10)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン