<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第7回 英国のEU離脱は欧州に何をもたらすか

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る交渉が正念場を迎えている。決裂を含めて、あらゆる可能性を排除することはできない。交渉の現状を簡単に振り返った上で、ブレグジットが欧州の経済、金融、政治情勢に与える影響を考察してみたい。(みずほ総合研究所上席主任エ…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUオランダポーランドチェコスロバキアハンガリー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委「伊予算案はEU財政規律から逸脱」(10/22)

「合意なき離脱」の回避要請 日本自工会会長、ACEAも(10/22)

【今週の主な予定】10月22~26日(10/22)

独商工会議所、成長見通しを引き下げ(10/22)

「英の離脱交渉は9割完了」 バルニエ氏、国境問題を依然懸念(10/22)

米スターバックス、欧州4カ国の経営移管(10/22)

EUと越のFTA、政府調達の透明化に期待(10/22)

英国と香港、ファンドの相互承認で覚書締結(10/22)

英首相、移行期間延長に前向き EU、11月臨時サミットに否定的(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン