• 印刷する

GfK消費者信頼感、10月はわずかに改善

市場調査会社GfKは27日、ドイツの10月の消費者信頼感指数が10.6ポイント(予測値)となったと発表した。前月から0.1ポイント上昇し、横ばいになるとの市場予想を上回った。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の2つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

9月の詳報を見ると、「景気見通し」は27.1ポイントと4.9ポイント改善。「収入の見込み」は5.3ポイント上昇し、57.9ポイントだった。一方、「購買意欲」は52.9ポイントと2.3ポイント低下した。

GfKは今回の結果について、政治的混乱にもかかわらず、「景気見通し」と「収入の見込み」が上昇したと指摘。欧州連合(EU)と米国間の通商協議や「ハードブレグジット」の脅威は、いずれも長期的な経済の楽観視を制限していないようだとした。


関連国・地域: ドイツEU米国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、第2四半期は縮小も=連銀月報(07/23)

BA、安全上の懸念でカイロ便を7日間停止(07/23)

独国防相、国防費拡大も=対GDP比2%(07/23)

アウディ、VRで新型EVの組立工程テスト(07/23)

BMW、中国合弁の全工場で5G導入(07/23)

オペル、イスラエルの輸入業者と独占契約(07/23)

HBPO、西部にモジュール工場新設(07/23)

ルフトハンザ、整備部門が比で施設拡張(07/23)

VW、印の生産率を92%に引き上げ目指す(07/23)

BMW、ツィプセ取締役を新CEOに指名(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン