• 印刷する

GfK消費者信頼感、10月はわずかに改善

市場調査会社GfKは27日、ドイツの10月の消費者信頼感指数が10.6ポイント(予測値)となったと発表した。前月から0.1ポイント上昇し、横ばいになるとの市場予想を上回った。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の2つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

9月の詳報を見ると、「景気見通し」は27.1ポイントと4.9ポイント改善。「収入の見込み」は5.3ポイント上昇し、57.9ポイントだった。一方、「購買意欲」は52.9ポイントと2.3ポイント低下した。

GfKは今回の結果について、政治的混乱にもかかわらず、「景気見通し」と「収入の見込み」が上昇したと指摘。欧州連合(EU)と米国間の通商協議や「ハードブレグジット」の脅威は、いずれも長期的な経済の楽観視を制限していないようだとした。


関連国・地域: ドイツEU米国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ(12/14)

加リナマー、ハンガリーに新工場開設へ(12/14)

スーパー売上高、直近12週間は2%増加(12/14)

ノバレス、ポルトガル工場で新表面加工技術(12/14)

独高級車3社、11月もアウディの不調続く(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

アウディ、ショット氏をCEOに正式任命(12/14)

FCA、中国・騰訊とつながる車で戦略提携(12/14)

小売りメトロ、通期は5.9%増益(12/14)

欧州一般裁、実走時排ガス基準を無効化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン