• 印刷する

企業景況感、8月は改善 市場予想を大きく上回る=Ifo

Ifo経済研究所は27日、8月のドイツの企業景況感指数(2015年=100、季節調整済み)が103.8ポイントになったと発表した。前月から2.1ポイント上昇し、市場予想を大きく上回った。

Ifoは毎月、国内の約9,000社を対象にアンケート調査を実施。現在の景気に対する見方を示す「現況指数」と半年後の見通しを示す「期待指数」を元に景況感指数(総合指数)をまとめている。8月は現況指数が106.4ポイントと7月から1ポイント上昇。期待指数は前月を3ポイント上回り、101.2ポイントだった。

総合指数を業種別に見ると、製造業は前月から1.8ポイント上昇し、7カ月ぶりに改善。特に自動車産業で期待指数が改善した。現況指数は高水準を維持しているものの、やや低下した。

サービス業は大きく5.6ポイント上昇。現況指数と期待指数が共に改善し、中でも期待指数の伸びは2009年6月以降で最高だった。小売りは0.1ポイント上がった。期待指数は改善したものの、現況指数はやや悪化した。建設は前月から2.6ポイント上昇し、過去最高の水準を維持した。現況指数が改善し、期待指数も大幅に上向いている。

Ifoのクレメンス・フュースト所長は今回の結果を受け、「企業は現状により満足しており、見通しは大きく改善した。堅調な国内経済に加え、米国との貿易摩擦の休戦が景況感の上昇を後押しした」と分析。2018年第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)は前期比0.5%拡大すると予想した。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: その他製造建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、来年7月までに使い捨てプラ禁止に(09/21)

コベストロ、米社の買収提案報道を否定(09/21)

ダイムラー、新型長距離FCトラックを公開(09/21)

生産者物価、8月は1.2%低下(09/21)

独病院、サイバー攻撃が遠因で患者死亡か(09/21)

スエズ、独シュワルツに一部資産を売却も(09/18)

独、米国産LNG輸入に10億ユーロ投資も(09/18)

ドイツ産業連盟、新たな排出削減目標に懸念(09/18)

ドイフォル、ハンガリー東部拠点が操業開始(09/18)

マーレ、世界全体で7600人整理へ=事業再編(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン