• 印刷する

合意なし離脱備え指南書公表 英政府、金融や輸出入などで

英政府は23日、欧州連合(EU)から合意なしに離脱した場合に備え、国民や企業向けの助言や対策をまとめた文書を公表した。金融サービスや輸出入、原子力研究、医療などの分野について、計25件の文書を政府サイトに掲載している。向こう数日に、さらに60件の文書が公表される見通し。

文書はそれぞれA4判にして1~4枚程度。例えば金融サービスに関する文書では、英国からEU製品を購入する際にクレジットカードでの支払いが遅れたり、追加手数料が発生する可能性もあるほか、EU在住の英国民が国内行の口座や年金を利用できなくなることもあり得るとしている。

輸出入については、EUと取引のある企業は通関検査に備えると共に、必要なら新しいソフトウエアや専門家の助けを得るよう助言。原子力分野では、EUからの核物質の輸入が許認可制になる可能性を示唆する。医療分野では、EUで承認された医薬品は今後も国内での使用を認めるとしている。

この日はほかに、EU助成による各種プログラムや、農業、製品表示、税制、国家補助、交換留学、労働者の権利などの分野に関する文書が公表された。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スーパー大手2社の合併却下 競争当局、価格上昇など懸念(04/26)

求人検索の米インディード、愛で600人雇用(04/26)

クレディ・スイス、サウジで営業免許取得(04/26)

メイ首相、早期の党首不信任を回避(04/26)

スコットランド、2度目の独立住民投票も(04/26)

金融RBS、マキューアンCEOが辞任(04/26)

金融バークレイズ、第1四半期は黒字復帰(04/26)

仏の公立校、貧困支援で朝食の無償支給開始(04/26)

インペリアル、新製品を福岡県で先行販売(04/26)

タイTTC、メルセデスAMGセンター設置(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン