• 印刷する

合意なし離脱備え指南書公表 英政府、金融や輸出入などで

英政府は23日、欧州連合(EU)から合意なしに離脱した場合に備え、国民や企業向けの助言や対策をまとめた文書を公表した。金融サービスや輸出入、原子力研究、医療などの分野について、計25件の文書を政府サイトに掲載している。向こう数日に、さらに60件の文書が公表される見通し。

文書はそれぞれA4判にして1~4枚程度。例えば金融サービスに関する文書では、英国からEU製品を購入する際にクレジットカードでの支払いが遅れたり、追加手数料が発生する可能性もあるほか、EU在住の英国民が国内行の口座や年金を利用できなくなることもあり得るとしている。

輸出入については、EUと取引のある企業は通関検査に備えると共に、必要なら新しいソフトウエアや専門家の助けを得るよう助言。原子力分野では、EUからの核物質の輸入が許認可制になる可能性を示唆する。医療分野では、EUで承認された医薬品は今後も国内での使用を認めるとしている。

この日はほかに、EU助成による各種プログラムや、農業、製品表示、税制、国家補助、交換留学、労働者の権利などの分野に関する文書が公表された。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン都市圏への投資拡大 FDI件数、23年は欧州トップ(07/12)

英新首相、米・ウクライナ大統領と初会談(07/12)

スコットランド最大のEV充電ハブが稼働(07/12)

ヒースロー空港、着陸料引き下げへ=CAA(07/12)

トタル、UAEのLNG事業に出資参画(07/12)

マスダール、北海の風力発電で開発許可申請(07/12)

英富裕層、6分の1が国外流出=28年までに(07/12)

防衛技術ヘルシング、4.5億ユーロ調達(07/12)

新政権、投資促進へ基金設立 200億ポンドの民間投資誘致(07/11)

新政権の基金、目標達成には追加投資が必要(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン