• 印刷する

EU離脱後の貿易戦略を発表 英政府、21世紀の輸出大国目指す

英政府は21日、欧州連合(EU)離脱後の輸出戦略を発表した。中小企業を含めた国内企業の輸出を支援することにより、輸出高が国内総生産(GDP)に占める比率を現在の30%から35%に高め、「21世紀の輸出大国」を目指すとしている。

政府によると、製品・サービスの輸出が可能なのに実行していない国内企業は40万社に上る。政府はこうした企業の輸出を促すため、情報サイト(great.gov.uk)を通じて情報・アドバイス提供するほか、中小企業(SME)向けのバウチャーや補助金、輸出信用機関である英国輸出ファイナンス(UKEF)を通じた新種の融資などを検討するとしている。

英国の2017年の輸出高は6,210億ポンドと、前年比4.4%伸びて過去最高水準に達した。このうちEUは44.5%を占めている。フォックス国際貿易相は、「欧州は今後も英国の製品・サービスの重要な市場だが、欧州の向こうにも世界はあり、ブレグジット後も時は続く」と強調。向こう10~15年の世界経済の成長の90%はEU域外で生じると予想し、「ブレグジットは世界貿易のパターンの変化を享受する機会となる」と訴えた。

小企業連盟(FSB)は政府の輸出戦略を歓迎する一方、「明確で具体的な内容に欠ける」と指摘。「小企業向けの輸出バウチャーや補助金は、翻訳や市場調査などの初期投資の支援に充てられるべき」とし、ブレグジットを巡る不透明感が増す中、迅速に行動に移すよう求めている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

英下院、EU離脱協定を否決 野党が内閣不信任動議を提出(01/16)

英フライビー、売却条件の引き上げで合意(01/16)

仏ロクシタン、英エレミスを9億ドルで買収(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

米フォード、英での人員削減数は1千人超か(01/16)

シェルと蘭年金基金、エネコの共同買収検討(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

博報堂、英独の広告2社と業務提携(01/16)

豪郵便局、英物流会社を完全子会社化(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン