独政府、高技能労働者確保で移民法改正も

ドイツ政府は移民法の一部緩和を検討している。高技能労働者の確保に向けた動きだが、難民の増加に伴う不満が拡大する中での法改正は反発を招く恐れもある。内務省が閣議向けに作成した内部文書を元に、ロイター通信が17日報じた。 それによると、これまでは欧州連合(EU)域外…

関連国・地域: 英国ドイツEUアジアカナダ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

ドイツ銀に会長交代を要求も 複数の主要株主が早期辞任支持(05/22)

ハンガリーから墺への越境通勤者が増加傾向(05/22)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

元F1レーサーのニキ・ラウダ氏が死去(05/22)

家電量販セコノミー、第2四半期は4%減益(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン