• 印刷する

ロシアなど5カ国、カスピ海の領有権で合意

ロシア、イラン、カザフスタン、アゼルバイジャン、トルクメニスタンの5カ国は12日、カザフ西部アクタウ(Aktau)で首脳会議を開き、カスピ海の領有権や海底資源を巡る分割方法で基本合意した。20年超にわたる論争が決着した格好だが、湖底国境線の決定にはさらなる議論を要する。BBC電子版などが伝えた。

今回の協定では、領海は沿岸から15カイリ(約28キロメートル)、排他的漁業水域は領海の外側10カイリまでと定められた。また、沿岸国以外の軍隊がカスピ海に入ることを禁止している。

カスピ海ではこれまで、約90億~130億バレルの原油可採埋蔵量を有するカザフスタン領のカシャガン(Kashagan)構造などで開発が進んでいるものの、領有権問題によりこれまで開発が活発化することはなかった。今後は、エネルギー資源の採掘やパイプライン計画などが進むとみられる。

1991年のソ連崩壊により、カスピ海の沿岸国は従来の2カ国から5カ国に増加した。また世界最大の湖だが、「海」と見なす場合には適用される法律が変わることや、石油・ガス資源の豊富さ、世界のキャビアの80~90%がカスピ海で採取されることなどが、領有権問題の解決を難しくさせていた。


関連国・地域: ロシアアゼルバイジャンカザフスタントルクメニスタン中東
関連業種: 農林・水産天然資源政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルーマニア、UAE社と物流開発で合意(03/22)

ヤンデックス、自動運転開発で韓国社と提携(03/21)

露連邦統計局、過去5年の所得統計を修正へ(03/21)

キングフィッシャー、13%減益=CEO退任(03/21)

プーチン氏、クリミア編入記念し現地を訪問(03/20)

カザフのナザルバエフ大統領が退任(03/20)

主要産油国、6月まで減産維持(03/20)

ロシア鉱工業生産、2月は4.1%増加(03/20)

ノバテク、LNG権益をサウジ社に売却も(03/19)

ウズベキスタン、ジザク製油所の建設を停止(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン