• 印刷する

エーオン、43.8%減益 主力部門が不振=第2四半期

独エネルギー大手エーオンは8日、第2四半期(4~6月)の純利益が18億2,400万ユーロとなり、前年同期比43.8%減少したと発表した。エネルギー・ネットワーク部門の売り上げが不振だった。

売上高は15%減の77億1,300万ユーロ。部門別に見ると、エネルギー・ネットワーク部門は大きく30%落ち込んだ。一方、再生可能エネルギー部門と顧客ソリューション部門は共に2%伸びた。

EBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)は全体で6億5,800万ユーロと10%縮小。特別損益を除いた純利益は8.7%減の3億2,500万ユーロだった。

同社は通年について、特別損益を除くEBITと純利益がそれぞれ28億~30億ユーロ、13億~15億ユーロになるとの見通しを維持した。

エーオンとRWEは3月、エーオンがRWEから独再生可能エネルギー会社イノジー(Innogy)の株式76.8%とイノジーの送配電事業を獲得する一方、RWEはエーオン株16.67%を取得し、エーオンとイノジーの再生可能エネルギー事業を引き受けることで合意。イノジーはかねてこの資産交換について慎重な姿勢を示していたが、7月に合意しており、イノジーを巡るエーオンとRWE間の資産交換が前進する形だ。[M&A][環境ニュース][労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、10.6%増加 全ブランドで前年超え=7月(08/20)

バイエル、米モンサントの統合が可能に(08/20)

ユーロ圏インフレ率、7月は改定値も2.1%(08/20)

ジェトロ、独スタートアップ企画に初出展(08/20)

DHL、マレーシアEC物流で現地社と提携(08/20)

再生エネ投資クエルカス、イランから撤退へ(08/20)

BMW、マレーシアでi8クーペを発売(08/20)

越資源マサン、独鉱業合弁を完全子会社化(08/20)

ドイツ銀、時価総額で首位陥落 ワイヤーカードが抜く=金融分野(08/17)

ドイツ鉄道、米制裁受けイラン事業から撤退(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン